星目風鈴中四目

碁盤のすみっこでアイをさけぶ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

デカすぎちゃって困るの

パソコンのモニターで見ていた時と、印刷した時の色がちょっと違う・・・?ってことありませんか?
理由は各自で調べていただくとして(・・・)、
「いごパズル」は新聞紙印刷なので、色のビフォアアフターがわりと劇的。

そんなわけで、印刷されたものを手元に置いて
実際の紙面上での色を確認できるようにしているのですが、
これが新聞サイズなので結構かさばってまいりました。現在第6回[PR]。
そこで、パズル部分のみをスクラップすることに。

♪でっきるっかな でっきるっかな♪

100円ショップで、厚紙を買ってきました。
「四つ切り」サイズ(25.4×30.5cm)ではちょっと横の幅が足りないので
「美濃判」(27.4×39.4cm)を選びます(「いごパズル」は横幅が38cm)。


♪はてさてほほー♪

縦?横?・・・ともあれ、短いほうの辺を18cmで切ったものを2枚つくります。
そして、表紙にする一枚の、短い辺から1.5cmの部分に折り筋をつける。
こうすると表紙がひらきやすくなります。

♪さてほほー♪

あとは、2穴パンチで穴をあけて、
新聞から切り取ったパズルにも穴をあけ、綴じ込んでいくだけ。
つづりひもがなかったので細いリボンで代用。
50cmくらいの長さがあれば、ほかのヒモでも充分です。

完成~*

折角なので、色画用紙などを切って貼って表紙をデコった。
この紙工作感が、いかにも小学生向けっぽくていいですネ!(自画自賛にも程が)

全部集めたら、ちょっとかわいい囲碁入門ができている・・・といいな?


Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://hajiken.blog49.fc2.com/tb.php/64-ef40440c
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。